草野球に向けてトレーニング、素振りやランニング

趣味の野球

草野球はシンプルなゲームなようで奥が深い傾向にあります。基本的にはプレイする為に監督1人、プレイヤーは9人以上、ベースコーチが2人必要です。バットやグローブ、その他の用具は揃えなくてはいけないため、実行するには準備は整えなくてはいけない注意点があります。

技術と運動能力も要求されます。ボールを投げる者の腕やスキルによって、バットが命中しないことは多々ありますから、バッターは日頃から腕を磨いていくことが重要です。素振りやトレーニングを積んでいく事で変則球にも対処できるようになりますが、経験を積み上げるのも注目していかなければなりません。

草野球は通常の野球よりも簡易で済ませられる様子はありますが、それでも技術と運動能力は必須です。素振りは基本中の基本ですから、トレーニングの中には加えておきたいところとなります。仮にバットを振るだけでは物足りないなら、「効率の良いやり方」として、誰かにボールを投げてもらう様にする事です。

素振りはイメージトレーニングとも言えます。実際にはボールをヒットさせる感覚はないために、ホームランの身体が覚えません。ですから、実践的にバットにボールを命中させていけば必然的に身体が記憶して、技量も自然に上昇します。

野球のブックメーカーはこちら

バッティングセンターを利用する

バッターボックス

バッティングセンターは野球を楽しむ人には適した施設です。本格的にボールを連発で打つことが可能ですから、「ホームラン」を出したい人にもうってつけの場所となります。実際に素振りや少数の人で練習するのも手段ですが、バッティングセンターだと高速で球が飛んできます。よって、人では出すことが難しい速度のボールに挑戦出来ます。

草野球を直に行ってトレーニングしていくのも良いですが、周りの者がベテラン揃いだと厳しいと指摘することが可能です。上級者達の中にビギナーや並の技量の人が入り混むと、相手が配慮してくれない限りはハードな世界になりますから、注意はすべきです。したがって、日常生活の中でトレーニングはしていく方が本人の為にもなります。

草野球は運動能力を必要とします。単純にタフで腕力がある、筋肉質でスタミナが自慢であっても、投げられたボールをヒットさせて、遠くへ飛ばさなければ、せっかくの能力が生かされないところが問題点です。技量や命中させる確率を高めたいならば、バッティングセンターで練習する方が効率が良いと指摘できます。

また、野外で野球トレーニングをすると、ボールが何処へ飛ぶか不明確です。事故の問題も配慮すると施設を利用した方が安全となります。

バッティングスピードを向上させる

baseball

バッティング力を向上させるためには、スイングスピードを上げることが必要です。スイングスピードがアップすると、バットの力がアップして飛距離が伸びたり、ボールを長く見られるようになるのでミート力が上がるというメリットが出てきます。

草野球に勝つためにスイングスピードを上げるには、まずは筋力をアップさせるトレーニングを行います。筋力さえつけば、重く感じるバットでも軽々と振れるようになるのでスイングスピードがアップします。

さらに、バットの使い方を身体で覚えることも大切です。振り方のポイントは、脱力することです。力任せに振っても速く振ることはできません。コツはバットの先端の重さを使って振ることです。バットは先端が重くなるように設計されているので、この部分を利用して振れば速く回転するようになります。

baseball

力を抜いてバットの先端の重さを感じながら振るのがコツです。インサイドは小さく、アウトサイドを大きくというのを意識します。全体に大きく振るのではなく、フォローの部分だけ大きくすることでよりヘッドにスピードをつけることができます。

草野球に勝つためにバッティングスピードアップをアップするには、筋トレとバットの使い方をマスターすることが要求されます。